剥がれる前に施工をし直そう

床

自宅の床をキレイなままで保ちたいと考えるなら、定期的に業者に頼んで、フロアコーティングを施工してもらうことを考えましょう。現在は、ピカピカだとしても、時間が経てばどんどんと剥がれてしまうので、今のうちに次に行うフロアコーティングのことを考えておいたほうがよいです。完璧に剥がれてしまうと、床材が露出してしまうため、消すことのできないキズがついてしまうこともあります。そうなる前に、新しいフロアコーティングでしっかりとカバーしてあげましょう。なお、フロアコーティングは1種類だけではなく、いくつもの種類が用意されています。耐久性や輝き具合など、使う溶剤によってかなり異なるため、きちんと情報を集めた上で選定する必要があるでしょう。気に入らないからといって、簡単に施工し直せるものではないので、後悔しない選定をしなければいけません。なお、現在では、各種のフロアコーティングを施した床を展示する業者の施設もあるので、実際に自分の目で見て決めることもできます。自身が住んでいるエリアに対応する業者を見つけて、展示場を用意していないかチェックしてみましょう。ただし、展示場を見つけたからといって、連絡もなしにいきなり訪れるのはおすすめできません。スタッフに、耐久性や輝き具合などの説明をしっかりとしてもらうために、訪れる日時を伝えてから、展示場に向かうようにしましょう。

掃除が楽になる

床

フロアコーティングの素晴らしいところは、見た目がよくなるだけではなく掃除がしやすくなることです。掃除機でホコリを吸い取るのはもちろん、汚れがつきにくくなるので、何かしらの水分をこぼしたときにも簡単にキレイにすることができます。ハードコーティングの溶剤を利用すれば、キズもつきにくいため、お子様やペットがいたとしても、キレイなままの床を保つことが可能です。掃除の時間をバッチリと節約できるので、家事の負担を減らすこともできるでしょう。

ワックスよりもずっと長持ち

部屋

床をピカピカにできる溶剤の中には、自分で簡単に施工が可能なワックスがあるので、そちらを使おうと考えるかもしれません。しかし、ワックスは効果が切れるのが早いため、数ヶ月に一度は施工をし直さなければいけません。しかし、フロアコーティングならば、20年以上効果を持続させる溶剤もあるので、自分で手入れする必要がなくなります。もしも、数ヶ月に一度の施工が面倒だと感じるのなら、フロアコーティングのほうが満足できる可能性が高いです。

広告募集中