HOME>ホットトピックス>目的に合った塗料を使うことで無駄なく床を綺麗に保ちます

目次

大きく分けると2種類に

床を綺麗に保つためのフロアコーティングには種類がありますが、大きく分けると油性または水性に分類されます。長く綺麗な状態を保ち続けたいと耐久性や機能重視であれば油性を選び、安全性の高さを重視するなら水性を使うことが多いです。家族構成や今後のライフスタイルやステージの変化によっても最適な塗料は変わってきますので、作業範囲や予算も考えながら選んで使いましょう。

機能も違います

塗料の種類によってフロアコーティングの際の機能が変わります。アクリル系のワックスなら手軽に使えてツヤが出ますし、ウレタンは控えめな印象ながらも摩擦に強いです。最近は耐久性や仕上がりからもUVを使うことが増えています。

作業性も変わる

フロアコーティングは使う塗料によって、乾燥させるまでに2~3日前後かかってきます。シリコンやガラスなど多くの素材はそこそこ時間がかかりますが、速さ重視ならUVはほぼ一瞬で乾くので検討してみると良いでしょう。

目的に合わせた塗料を使う

フロアコーティングをするときにどの塗料にするか悩んでしまいますが、目的によって最適なものは変わります。転勤など移動が多いなら耐用年数より作業の速さと安さ重視で構いませんし、長く住むなら耐久性重視の方が無駄がありません。

広告募集中